難易度の低いバイナリーオプション

ニュース

分類

リンク集

情報局

バイナリーオプションで重要な資産管理について

    国内業者と海外業者で決定的な相違点をもう1つ、それが「短期決済」というルールです。
    これまた二者択一と一緒で、国内では廃止になってしまったルールの1つであります。
    自分的にはこの短期決済がなくなってしまったというのが一番大きい相違点だと思ってます!!!

    バイナリーオプションは「ここだ!!」と思ったタイミングで投資をスタートさせることができます。
    更に、そのスタートさせてからいつ終わるかも決められるわけです。
    その投資時間が短いというのが「短期決済」になります。

    今まで採用されていた短期決済(※海外業者では現在でも採用されています)は30秒〜10分というまさに短期の投資時間でした。
    しかし国内規制が入り、なんと最低2時間〜というから驚きです。
    これだけの長時間の予測をするのであれば、FXと何ら変わりが無いと思っています。

    電車での移動時間、ちょっとした待ち時間、こういう時間で投資をやれるというのが魅力だったわけですが、2時間となれば今までの投資をしてれば良いお話なんですね。
    もちろんその分利率は上がるわけですが、それだけリスクも高くなるという裏付けがあります。
    つまり、長時間の予測方法がちょっとした投資の専門知識が必要になってくるんですね。
    ここでバイナリーオプションの定義が崩れると思いませんか?
    専門知識もいらずに誰でも投資ができるのがバイナリーオプションなんです。
    短期決済がなくなった時点で、もはやバイナリーオプションではないと私は言い切っちゃいます!!!
バイナリーオプションのテクニカル分析